クレジットカードの現金化はグレーゾーンとして違法なのでしょうか

消費者金融や銀行などからお金が借りられないという方が、よく行うのがクレジットカードの現金化です。

自分で現金化する、業者に依頼して現金化する、大まかに分けて2つの方法がありますが、今回はクレジットカードの現金化が違法なのかどうかの紹介です。

○ クレジットカードの現金化は違法?

現金化業者の中にはクレジットカードで購入した商品を、買い取りする形で現金化するタイプがあります。

しかし、クレジットカードで購入した商品は、支払が終わるまでカード会社に所有権がある状況です。

所有権のない商品を勝手に転売し、クレジットカードの現金化を行うと横領罪に問われる可能性があります。

現金化業者の中には、クレジットカードで指定商品を購入すると、キャッシュバックするというタイプがあります。

キャッシュバック型の現金化業者は、勝手に転売する形ではありません。

しかし、現金化を真っ当なお買い物に装っている形のため、詐欺罪に問われる可能性があるのです。

実際に逮捕されたキャッシュバック型の現金化業者も存在しています。

現金化業者の利用者が逮捕された例は、現在のところ見当たりません。

しかし、限りなく黒に近いグレーゾーンの状況です。

○ カード会社の規約違反となるクレジットカードの現金化

カード会社が設けている会員規約にて、換金行為が禁止されています。

クレジットカードのショッピング枠は、本来お買い物に利用するものです。

クレジットカードの現金化は本来の目的とは異なる換金行為のため、カード会社の規約違反となります。

換金行為がカード会社に知られると、カードの利用停止や強制解約といったペナルティーを受けかねません。

○ まとめ

買取型の現金化業者は横領罪、キャッシュバック型の現金化業者は詐欺の共犯に問われる可能性があります。

利用者が逮捕された例がないとはいえ、カード会社の規約違反には変わりないため、グレーゾーンであっても現金化は行わないほうが良いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ