プロミスの在籍確認はどのタイミングで行われるのか?

プロミスの在籍確認審査はどのタイミングで行われるのでしょうか?

 
どの金融機関でも同様ですが、

職場への在籍確認のために電話をすることは敬遠されがちと理解しています。

しかし、給料収入しか返済資金としてアテにできない無担保融資なので、給料をもらっていることを確認する手段して在籍確認の電話は必須です。
この在籍確認の電話は、他の審査手続がすべて終了してから行われます。

プロミスは大手消費者金融の中でも審査スピードが早いと言われていますが、コンピューター審査を導入して粗審査をしているためです。この粗審査が終わると、申込者に電話をして申込確認の電話をすることになります。

 

この申込確認の電話がされた時点で、事実上プロミスの審査は終わっています。それ以上の検討項目はなく、後は運転免許証や源泉徴収票を確認すれば申込手続きは終わります。

 

在籍確認の電話は、通常はこの後にされますから、審査に落とされていたら在籍確認の電話をわざわざすることはありません。審査落ちであれば、申込確認の電話の際になどにその旨が連絡されます。

 

先ほど述べた通り、職場の在籍確認は何かと嫌がられます。実際にプロミスから電話があったことから、上司からいろいろと聞かれて嫌な思いをした経験者も少なくないでしょう。

 

もちろんプロミスも在籍確認の電話がバレないように、プロミスとは名乗らず個人名で会社に電話をしています。しかし、通常電話がかかってくるはずがない仕事をしている人に電話があれば絶対に怪しまれます。

そのため、在籍確認の電話だとバレてしまうことが多いのです。

このように何かと嫌がられる原因である在籍確認の電話は必要最低限の人に対してのみすることとなり、すべての審査が終わり、審査に通った人に対して最後にするのです。