プロミスなら派遣でも在籍確認の電話なしで借りれる!

プロミスなら派遣でも在籍確認の電話なしで借りれる!

 

非正規雇用の方が増えています。あえて正社員を選ばない方もいらっしゃるでしょう。逆に正規雇用者として働きたいのに探しても探しても自分の望む働き口が無いという方もいるでしょう。

 

非正規雇用の場合は給与から差し引かれる額が少ないので、一時的には正社員より良いと捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、長い目で見ると差し引かれた額はいずれ自分に返ってくるので正規雇用のほうが安心と言えるのではないでしょうか。

 

また、社会的信用度では非正規雇用の方に比べ正規雇用の方が圧倒的にです。いろいろ保護されているわけですし、簡単にやめることもないと判断され、長期ローンを組むこともすすめられるほど信頼されます。

 

例えば、消費者金融でお金を借りたいと思った時にそれは顕著です。正規雇用の場合、審査の際に消費者金融側に提示できる証明書類の数は多いです。勤務先名の入った健康保険証などで審査がスムーズになることもあります。また源泉徴収票や給与明細、または社員証などでも、勤務先名を証明できるので、審査の時に説得力になります。

 

派遣の方はどうなのでしょうか?
非正規雇用でありながら、その中でも最も正規雇用に近い派遣社員。
派遣というとアルバイトなどの非正規雇用と同じですが、正社員と同じような正規雇用に変更することが可能なんです。国民健康保険から社会保険に変更することで、社会的信頼度は増します。

 

もちろん変更するには条件が必要なので簡単には変えることはできません。登録している派遣会社によって条件が異なる場合もありますが、派遣会社の担当の方に相談してみると良いでしょう。

 

健康保険証で何が変わるのでしょうか?
健康保険証には誰もが持つことの出来る国民健康保険と勤務先が一部を負担してくれる社会保険証がありますが、社会保険証を持っているということは、同時に会社に所属しているということの証明になりますので、その分審査がスムーズになるわけです。

 

消費者金融の審査で必ず行われる在籍確認ですが、その方法として勤務先への電話連絡があります。この電話連絡をなしにしてもらうには、まずは担当者に相談することで電話以外の方法に変更してもらうことも可能です。